平泳ぎの体重移動!腕の使い方/ストローク・キックのコツと練習方法

本日は平泳ぎの体重移動についての動画です。

体重移動のきっかけを作るプルのやり方について説明します。こちらではキックについての説明は一切しません。

まずは比較動画をご覧ください。

上下は何が違うでしょうか?

正解は腕です。

上の泳ぎでは腕が止まっている時間はほどんどありません。ですが、下の泳ぎは呼吸に気をとられ過ぎており動きが止まっています。

どちらも高さは変わりませんが、下の泳ぎはかなり深い位置まで沈んでいませす。呼吸で腕の動きが止まってしまうだけでここまでの差が生まれてしまうのです。

平泳ぎは呼吸の時間が最も止まりやすいです。初心者の方だけではなくある程度泳げる方でも疲れてくると無意識に呼吸の時間が長くなってしまいます。

リカバリーの腕の速度を速めることにより強制的に呼吸の 時間を短くできるので体が水に沈む前に体重移動することができるのです。

「前方へ体重移動しない!」とお悩みの方は腕を前に出す速度を意識してみてください。

なお、腕を前に出すときは意識してほしい部位は肘です。

肘を前に放る意識により肩が入り腕全体がより遠くまで伸びてくれます。

身体が沈む前に腕を出し切ることがポイントです。

おまけ

スムーズな体重移動において大切なのはリカバリー、エントリーで水の抵抗をできるだけ小さくすることです。

フィニッシュの勢いのまま腕を体に密着させ正面からの断面積を小さくします。

リカバリーの際に腕が広がっていませんか?脇は閉じていますか?

同じ速度のリカバリーでも進みが全然違いますよ。

体重移動がスムーズになれば1ストロークで進む距離を延ばすだけでなく、上下動も抑えられるのでフラットな平泳ぎが可能です。

フラットな泳ぎになればその加速しやすく減速しにくくなります。

スピードを出したい方だけではなく抵抗なく楽に泳ぎたい方も是非この動きを参考にしてみてください。

ある程度スピードに乗った状態が体重移動しやすいです。こういったテンポをゆっくりやりすぎると難しいですのでその辺は注意して行ってください。

※キック後の足の上下動は失格になる可能性があります。

 


水泳ベストタイム更新プログラム!タイムを伸ばすならこれがおススメ!

日本体育大学スポーツ局競泳部ヘッドコーチ、JOCオリンピック強化指定コーチ、オリンピック選手を何人も輩出した藤森善弘先生がDVDで指導をしてくれます。

既存の泳ぎ方でスピードが出せない原因は、「水の抵抗を無駄に受けている」可能性が非常に高いのです。

効率的に泳ぐことができればタイムは一気に伸びる可能性は非常に高いのです。そのためのポイントが凝縮された水泳のDVDになります。