クロールが進まない?速く泳ぐキックのやり方について解説します。

本日はクロールの足の役割についてお話しします。

まず、キックにおいて重要なのはお尻の位置に対してキックをしたときに、おしりがあって足が下がっている。

そこで、キックしてしまう方がかなり多いのです。

そうすると、下がったほど抵抗を受けやすくなりますのですごく大切になってくるのがキックをおこなったときにお尻の位置に対して足の位置が水平ぐらいが理想です。

そうなると、キックしたときに体もぐっと上がりやすくなります。

かかとが上がるということは上半身のウエイトが前に乗ってきますので、キックを行うときは闇雲にやってしまいますと水の抵抗を受けやすくなります。

お尻の位置よりの多少高めにイメージしながら蹴ることで非常にけりやすくなります。それに体の位置が浮いてくるというところもあります。


水泳ベストタイム更新プログラム!タイムを伸ばすならこれがおススメ!

日本体育大学スポーツ局競泳部ヘッドコーチ、JOCオリンピック強化指定コーチ、オリンピック選手を何人も輩出した藤森善弘先生がDVDで指導をしてくれます。

既存の泳ぎ方でスピードが出せない原因は、「水の抵抗を無駄に受けている」可能性が非常に高いのです。

効率的に泳ぐことができればタイムは一気に伸びる可能性は非常に高いのです。そのためのポイントが凝縮された水泳のDVDになります。