クロールの肘の使い方!肘の立てるよりも進むことがポイント。

本日はクロールの肘の使い方の動画について解説していこうと思います。

クロールの肘の使い方ですが、肘を立てるという意識を持つ方がものすごく多いかと思いますが、肘を立てるという感覚よりかは、自分自身が前に進んでいくときに肘が立つというイメージを持たないといけません。

肘を立てましょうというと、泳いでいる中で肘を伸ばした後に水を掻くときに肘を無理やり立てようと思う人…

そうではなく、体を前に進むことを意識する。水を掻く、結果的に肘が立つというイメージです。

例えば、肘を立てることを意識すると前方に進むことを意識するよりかは肘を曲げることを意識します。そして、早い段階で肘を曲げるので肩に力が入りますからそこで動きが止まります。

ですので、肘を立てるのではなく、体が前に行く段階で肘が立つ。そのようなモーションで行うと動きも止まらずスムーズに泳ぐことができます。

 


水泳ベストタイム更新プログラム!タイムを伸ばすならこれがおススメ!

日本体育大学スポーツ局競泳部ヘッドコーチ、JOCオリンピック強化指定コーチ、オリンピック選手を何人も輩出した藤森善弘先生がDVDで指導をしてくれます。

既存の泳ぎ方でスピードが出せない原因は、「水の抵抗を無駄に受けている」可能性が非常に高いのです。

効率的に泳ぐことができればタイムは一気に伸びる可能性は非常に高いのです。そのためのポイントが凝縮された水泳のDVDになります。