平泳ぎの肘立て!インスイープの動作で肘の使い方のコツやテクニック

今回は平泳ぎのストローク、インスイープ(肘立て)の動作についてお話ししたいと思います。

アウトスイープは手を外側に開いていく動作なのですが、その時に掴んだ水圧をしっかりと押し込めないと推進力に影響します。

ここで肘が落ちてしまいますとせっかく掴んだ水もこぼれるというのもそういった意味になります。

この動作のポイントは肘の位置を高く保つことです。

この状態を肘が立っていると言います。

冒頭のように、肘を立てられないと推進力に影響しますので、競技などでスピードを上げたいなら平泳ぎの肘立ては必須項目なのでぜひポイントを意識してください。

では、肘を立てるために意識すべきポイントが、指先を下に向けるということです。

肘を立てることばかりに意識が行きますと腕の動きが止まってしまいます。

肘が立つのは指先を下に向けることで起こりえる結果です。キャッチ後に水を捉えたまま指先を下に向けてプル動作を行います。

そして、肘を立てたら次は脇締めになります。脇締めは、平泳ぎを行う上で一番推進力を出すためのポイントでもあります。

その前段階で水を逃がさないようにしましょう。

指先を下に向けて結果的に肘が立つ。

肘が寝ないでプル動作ができるようになると運べる水の量が全く異なるので泳ぎは早くなります。慣れないと難しいかもしれませんが練習する価値はあります。

 


水泳ベストタイム更新プログラム!タイムを伸ばすならこれがおススメ!

日本体育大学スポーツ局競泳部ヘッドコーチ、JOCオリンピック強化指定コーチ、オリンピック選手を何人も輩出した藤森善弘先生がDVDで指導をしてくれます。

既存の泳ぎ方でスピードが出せない原因は、「水の抵抗を無駄に受けている」可能性が非常に高いのです。

効率的に泳ぐことができればタイムは一気に伸びる可能性は非常に高いのです。そのためのポイントが凝縮された水泳のDVDになります。